車の解体時に高く売れるパーツ

価値が無いと言われた車でも、実は高く売れる部品もある。

車を解体した場合、中古で販売するのではなく、部品をそれぞれ買取し、リサイクル流れになります。

 

買取価格が高いパーツもあり、車種オーディオやタイヤ・ホイール、カーナビなどのカー用品も買取の対象になります。

 

 

買取の対象となるパーツは車の中でほかにリサイクルできるのであれば、どんな部品やパーツでも再利用の対象になります。

 

 

これが中古販売と廃車業者との大きな違いです。

 

 

一般の人には同じ扱いになってしまうかもしれませんが、中古買取と廃車業者は大きくことなります。

新車だったり、機種の新しい走行距離の少ない車なら中古として販売される可能性もありますが、10年以上乗った車はほとんど中古市場としての価値はありません。

 

 

費用をかけて整備をしても中古車としての価値がないので、買取を断られる場合も多いのです。

 

しかし、廃車業者は自動車を解体し、必要な部品やパーツをリサイクル目的で取り出します。

 

中古販売と比べて、依頼人に大きなメリットが存在するのです。

 

そんな廃車業者に買取を依頼してもなんでも引き取り可能なわけではありません。

個々の部品として価値があるとしても全部の部品の価値があるわけではないので、どうしても要らない部品が出てきてしまいます。

 

また、買取の価格が高いのは、タイヤやホイール、ガラス、バッテリーなど再利用できるものです。

 

一番価値があるのは、自動車の心臓部ともいえるエンジンです。

 

エンジンは車に乗れば、どうしても劣化してしまうので状態のいい物はほとんど出回っていません。

 

エンジンなどの機能部分が重要になってくる部品やパーツは専門的な検査を行い、ステータスや基準が合格したものだけが専門業者に売買されます。

価格ですが、一概にいえません。

同じエンジンだとしても保存状態が悪ければ、買取不可能な0円になるかもしれません。

 

また、エンジンの種類によっても買取価格に差が生まれるでしょう。

一番いいのは、近くの廃車業者に見積もりを出してもらうことです。

無料査定を受けてもらうだけのサービスもインターネット上で見かけるようになりました。

トップページのサービスを一度利用してみるのもいい選択でしょう。

 

サイトマップ