自動車 処分 書類

車の買取時に必要になる書類は?

廃車手続きではなく、車の高額査定を活用して自動車の処分をする事が出来ましたか?

満足のいく、高い金額で買い取ってもらえるであれば、嬉しく思います。


書類関係は、買取店が用意してくれたり、車に常備されているものばかりなので、あまり深く考える必要はありませんが、

車の買取時必要な書類は、状況によって多少異なり、追加書類が必要な場合もあります。
特に海外へ引越しの場合は書類に関して細心の注意を払う必要があります。手続きがより煩雑となるからです。

まず基本的に、お客の側が車の買取時必要な書類は、車検証・自賠責保険証明書・印鑑証明1通・当年度分の自動車税の納税証明書・預託済みの場合のみリサイクル券・実印などが該当します。

これは基本的な場合で状況によっては追加書類を用意しなければなりません。


例えば引っ越しなどで車検証の住所が以前のままの場合は、住民票が必要になります。

更に引っ越しを二回以上行っている場合は、住民票に加えて、戸籍の附票もしくは住民票の除票が必要になります。

他の例では、結婚をして姓が変わっている場合などは、戸籍謄本が必要になります。

引っ越しではなく住んでいる街の区画整理などで住所が変わってしまった場合は、行政区画変更証明書が必要です。

因みに業者の側が車の買取時必要な書類は、委任状・譲渡証明書(譲渡証)などがあります。


車の新規登録時(購入時)以降に引越しや、結婚をされていない方であれば、印鑑証明書と実印だけを用意しておけば万全でしょう。

 

サイトマップ