所有者死亡,車,処分

泣く泣く処分するか、または相続して今後も使用していくかを選ぶ


車は置いておけば税金が必要であったりと維持費はかかってくるものですから、
使わないのであれば早めに処分を検討していきたいものです。


特に所有者が死亡してしまった場合、どのように対処して良いのかが分からない方も少なくないありません。


まず、その車がまだ十分に使えるものであって、相続人の誰かが使いたいという場合はその人の名義を変更して使用していく方法もあります。

廃車や買い取りにする場合であっても、一旦相続の手続きを済ませ、名義人を変更すれば新たに名義人となった方が処分を行っていくこともできます。


そしてより簡単に車を処分してしまいたい場合なら、車の買い取り業者に依頼するという方法もあります。

専門の業者に依頼すれば、相続の手続きや買い取りの手続き、廃車の手続きも全て行ってもらうことができますし、手間もなく確実と言えます。


そして手続きを依頼する場合でも相続する場合でも、まずは必要な書類をそろえておく必要があります。


所有者死亡したときの廃車の手続きとしては、

まずは遺産分割協議書が必要となりますし、相続権のある方全員の実印の押印と印鑑証明書が必要になるので揃えておきましょう。


そして、
死亡した方との親族関係を明確にするための戸籍謄本
名義人が亡くなっている方を証明するための除籍謄本
・あらたに所有者になられた方の実印と印鑑証明書も用意します。

業者に依頼する場合は必要書類を渡して代行で手続きを行うこととなりますし、個人で行う場合は必要書類を用意して、陸運局で処分の手続きを行うこととなります。

手続きをスムーズにするためにも書類はきちんとそろえておくことが大切です。

 

サイトマップ