税金を払う月に車を廃車

4月に廃車にすれば自動車税は1月分で済みます。

税金を払う月に廃車にする場合は、その納税方法は複数あります。

 

@まずは1年間分を納税して、その後に都道府県税事務所から抹消月までの月割り分を差し引いた残りつまり抹消月の翌月以降の自動車税分を金券という形で返してくる形になります。(還付制度)

 

 

Aもしくは都道府県税事務所に行って、抹消登録をしたことの証明書類である抹消登録証明を持って、都道府県税事務所に行って月割りで支払いたい旨を申し出る方法があります。

 

 

Bさらに、この方法は都道府県で異なりますが、放置していると抹消登録月までの減額された納付書を送付してくる場合もあります。

この納付書で払えばいいというものです。

 

 

以上の方法が主にありますが、一番手っ取り早いのは抹消登録の証明書を運輸支局で発行してもらって、それを都道府県税事務所に行ってその場で月割りの納付書を発行してもらって払うという方法です。

 

 

これで手続き的には一度で済みますので、その後納付書が来たりすることはないので、その件については確実にその日で終わりという実感を得られることにもなります。

 

 

自動車税は、軽自動車の場合は月割りで支払うという制度はないのですが、普通自動車以上に課税される自動車税には月割りでの考えがあるので、月割りで何らかの納税を求められたりあるいは還付されたりすることがあることはよく知っておく必要があります。

 

 

いずれにしても、抹消登録をした場合にはその翌月分以降の税金を求められることはありません。

 

その抹消登録をした月までの納税義務があるので、それをどう処理をしていくかつまり納税をするのかをしっかりと考えていく必要があります。

 

後から忘れた頃に来ても困る場合がありますので、できれば先手をうって処理をしておいた方が楽ではあります。

 

サイトマップ